奥井建設の事業内容について

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
1月 7, 2016 at 3:24 PM

奥井建設の事業内容について

3か月前に、5年働いていた印刷会社を退職しました。
現在、求職中です。
4つ上の兄が建築関係の仕事をしている影響で、建築関係か土木関係の仕事に就きたいと考えています。
あれこれ建設会社のサイトをチェックしていた所、奥井建設と言う会社が気になりました。
昭和30年代創業だそうです。
60年以上の歴史がある、とても息の長い会社ということになりますよね。
業界でも、かなり有名な会社なのではないでしょうか。
東日本大震災の復興支援を行っているというのが、個人的にとても興味を持ちました。
これからは安全性の高い建物を建設できる、高度な技術力を持つ会社でないと、生き残っていけないと思います。
震災の復興支援を行うことは軽い気持ちではできません。
こういう会社で働けたら、とてもやりがいがある仕事ができそうですね。
奥井建設のように震災の復興支援をしている企業を中心に就職活動することにしました。
引き続き企業のリサーチを続けてみます。

奥井建設はどんな会社なのか

震災を経験してから、耐震問題に凄く興味を持つようになりました。
液状化現象や、耐震性の高い工事を行っている企業を、ネットで時々調べています。
ある日、自分の住んでいる建物について調べていたところ、奥井建設という建設会社のサイトに辿り着きました。
初めて見る名前でしたが、私が住んでいる公共住宅の建設に関わっている会社です。
どんな会社なのか、じっくりサイトの内容を見てみることにしました。
不安を感じるような企業なら、引っ越しを視野に入れようと思ったからです。
今までの実績を見て、沢山の公共住宅や、公共施設の建設の実績があることがわかりました。
公共と言うことは、国や地方自治体から、仕事を依頼されているということですよね。
実績だけでなく、実力が伴っているという証明ですよね。
それだけ信頼の厚い企業と分かって、とても安心しました。
もし今の所から引っ越しすることになったら、自分が住みたいと思っている建設会社がどこなのか必ずチェックしたいと思います。
奥井建設のような会社が建設した住宅に住みたいです。

手に職をつけるなら奥井建設

子供が1人います。
まだ小さいので、外ではなく家の中で遊ばせることが多いのですが、家で出来ることは限界があるので、たまに区の児童館や図書館など、公共施設を利用しています。
無料だけど、遊ぶ道具が沢山あって便利ですよね。
子供と同じ月齢のお友達や、年の近いママがいるので、会うとあれこれ情報交換しています。
最近ママたちの間で、どこの保育園や幼稚園に入れるかという話がよく出ます。
行事の多い園や少人数制の園が人気みたいですが、個人的には子供が安心して過ごせる場所が一番だと思っています。
建物があまりにも老朽化している所は嫌です。
耐震構造に問題がある園も、通わせたくないです。

家の近所の幼稚園や保育園をネットで見ていて、たまたまネットで見かけた保育園が奥井建設という会社の建設した建物でした。
デザインだけでなく耐震構造にも力を入れているそうです。
子供を通わせるなら、耐震対策に詳しい会社が建てた所がいいですよね。
奥井建設のように耐震対策をしっかり考えている企業を調べてみます。