保健科学研究所の遺伝子関連検査

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
2月 24, 2016 at 6:22 PM

保健科学研究所の遺伝子関連検査

保健科学研究所では血液や尿の検体検査以外にも、遺伝子情報の検査も行っています。
遺伝子情報と一言で言っても様々ですが、保健科学研究所では病気に関連する分野で検査をしています。
例えば、がん、遺伝性疾患、染色体異常による疾患に関することで、遺伝的原因がないか調べています。
検査の結果は診断の確定や、薬での治療方法の確定にも利用されています。
医学的分野に関わるので確かな専門的医療知識も必要になります。
ですので、特別教育プログラムによってスタッフのそういった分野の教育を行い、常に新しい情報の共有と技術向上を行い、正確な検査を実施できるようにしています。

今かかっている病気以外にも、遺伝子情報をみることで将来かかる可能性のある病を予防することにも役立てられています。
例えば、今は糖尿病ではなくても遺伝子的になりやすいかどうかをみることができ、もしもなりやすいならば予め食生活に気をつけたり、日頃から運動を心がけたりできます。