和歌山のゴルフ会員権を購入して取引先に喜んでもらえた意外な訳

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
3月 11, 2016 at 7:56 PM

和歌山のゴルフ会員権を購入して取引先に喜んでもらえた意外な訳

和歌山のゴルフ会員権を購入したと、取引先の専務に話したところ、大変良いことですねと褒めていただけました。
私はてっきり、営業熱心でよろしいという意味だと思い、今度お誘いいたしますと申し上げ、先日専務とご一緒にゴルフでのおもてなしをしました。
専務は和歌山の出身でこの地域のことも詳しく、近くの良い観光スポットなども教えていただけました。
その日は大変天気が良く、ゴルフ会員権を購入して取引先との関係も深まって良かったと内心うれしくてたまりませんでした。
いろいろな話を専務としていく中で、なぜ最初にゴルフ会員権の購入を和歌山ですることが良いことなのかを教えていただけました。
ゴルフ場というものは、かつては環境破壊の元凶と言う間違ったうわさが流れていましたが、今では森を整備し管理することで治水の役割を果たしていると言われており、ゴルフ場にお金を出すということは、環境への社会的投資をしている立派な社会人であることの証だということ。
特に和歌山は治水を怠ると洪水になりやすいと言われているので、非常に感心したと言っていただけました。