歴史を感じさせる自然豊かな和歌山だからこそゴルフ会員権

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
3月 11, 2016 at 7:56 PM

歴史を感じさせる自然豊かな和歌山だからこそゴルフ会員権

高校生のころ、学校に図書部というものがあり、その部長の仕事を任されていた私は、しばしば友人と和歌山県の熊野周辺を探訪していました。
熊野周辺には神社や歴史のある立木が多く、歴史的資料の編纂の参考になったものです。
しかし、何よりも森林の中での散策は、今でいうところのマイナスイオン効果で気持ちを落ち着かせてくれて、その雰囲気が好きでした。
そういう思い出の中の和歌山で、ようやく念願のゴルフ会員権を購入することができました。
関西の北部でのゴルフ会員権は持っていましたが、同じ自然豊かなゴルフ場と言っても、和歌山で感じることができるそれとは比べようがないもので、特に朝一番にゴルフ場に行き、景色を眺めながら熱いコーヒーを嗜んでからのコース巡りは格別なものです。
思い出を味わいながら、ゴルフをしていたら、最近、高校のころいつも一緒に行動していた部活動の仲間たちのことを思いだします。
そうだ、せっかくのゴルフ会員権を使って、ここで同窓会でもしてみよう。

和歌山でのゴルフ会員権を購入して家族も喜ぶ

和歌山でゴルフ会員権を購入したのには、いくつかの理由があります。
その中の一つに、こちらに行くと飯が美味いからというのがあります。
和歌山県で有名な特産品と言えば、ミカンや梅干しです。
たしかにミカンは徳川の時代からの歴史があり美味で、梅干しは、ここでしか味わえない絶妙な甘みを感じます。
正直、この梅干しがあれば、ご飯を何杯でもいけるでしょう。
しかし私が最も楽しみな食材は、カツオなどの海産物です。
カツオといえば皆が皆すぐに土佐をイメージするのでしょうが、ここ紀州のカツオは、私の口に最もあいます。
私はもともとゴルフが好きで、今まで家族の予定を犠牲にしてしまっていたタイプなのですが、ゴルフ会員権まで購入して和歌山にばかり行くようになったのは、家族への土産物にも困らないこと。
和歌山のゴルフ会員権を使用する
また時折家族を連れてこちらに遊びに来れば、私一人ゴルフをして別行動でも、まったく嫌な顔一つせずに楽しんでくれるということもあります。
今まで他の地域のゴルフ場に通っていた時とはくらべものもならないくらい、和歌山のゴルフは私にとってメリットが大きいと言えます。