仏教をベースにしている念仏宗

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
5月 19, 2016 at 9:06 PM

仏教をベースにしている念仏宗

念仏宗は仏教の教えをベースにしています。
仏教は先程申したお正月や初詣と言った、私達の根っこに染み込んだ行事や教えを説いている宗教で私達は知らず知らずの内、仏教の教えに導かれながら生活をしているのだなと感じました。
また釈迦は現世は思い通りにはならない苦の世界であり、そこには真の幸福はないと説かれています。
その真の幸福と言うのが大涅槃というのです。
その大涅槃を得る一歩を踏み出す為には、両親への恩、自分の環境や身近にいる方への恩、社会への恩、そして仏や僧、法への恩を日々意識する事で得られると言われています。
確かに小さな頃から家族や周りの方への感謝の気持ちを忘れるなと言われる事が多いですし、念仏宗ではそれを守る事で大涅槃を得られると説いているのです。
何かを実行すると言う事ではなく、初めの一歩は意識をする事だけで良いといわれると身構えなくて済みますし、人としての在り方を説いているのかなと改めて考えさせられました。