ウィズワンの木造工法

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
7月 12, 2016 at 9:56 PM

ウィズワンの木造工法

最高の満足を、お客様と共有したいという想いが、より良い住まい作りへとつながっているウィズワン。
そんなウィズワンのテクノロジーについて、簡単にご説明します。
いくつかある住まいの工法についてです。
まずは、木造です。
調湿性に優れている木造は、年々強度が増していくことが大きなメリットとなっています。
これは粘りとも呼ばれています。
世界で最古である木造建築で作られた法隆寺は、粘りが良いです。
しかし、湿気によって腐ってしまったり、シロアリに食べられてしまったりするリスクがある木造です。
しかし、その弱点をしっかりと、カバーしたり対策を行うことが可能です。
木造には、大きく分けて3つの工法があります。
在来工法、ツーバイフォー工法、構造用金物工法です。
在来工法と構造用金物工法は少し似ています。
それぞれ工法によって、特徴が異なります。
ウィズワンでは、このように、より良い住まいを造りだせるように、情熱をかきたてています。