念仏宗はどんな考え方を持っているのか

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
8月 20, 2016 at 8:16 AM

念仏宗はどんな考え方を持っているのか

日本にも様々な宗教がありますが、日本人は外国人ほど宗教に関心はないように思います。
今回は、日本にある数ある宗教の中から念仏宗について紹介したいと思います。
仏の教えというと、少し難しい感じがして、普通の人には理解しがたいように思うかもしれません。
しかし、念仏宗が大切にしている教えは決して難しいものではなく、生活の中で必要となるものが多いです。
例えば、思いやりの心です。
電車でお年寄りや妊婦さんなどに席を譲ってあげたり、困っている人を助けてあげたりということは、思いやりの心から生まれる行動です。
また、他者への礼儀も教えの一つです。
家族や友達などの親しい人にはもちろん、会社の人や学校の先生、仕事の取引相手など、あらゆる人に礼儀を払うことは人間関係を円滑に進めていく上で大事なことだと思います。
他にも、感謝の気持ちや親孝行、信頼などがあります。
このように念仏宗の教えは、人が社会で生きていく上で必要な考え方ばかりなのです。

どのような活動によって念仏宗は教えを広めているのか

仏の教えをちゃんと理解するには、話を聞くだけでは足りません。
念仏宗では、日曜学校や林間学校などを通して、一般の人々に仏の教えを伝えているのです。
例えば、自然や多くの仲間との交流の中で、思いやりや感謝の心を学びます。
また、田植えや稲刈など、自分たちの手で食物を育て、収穫するという体験を通して、自然や食べ物に感謝する心を育みます。
自分たちで食べ物を育て、収穫するという体験は、農家の人など食べ物を提供してくれる人たちの苦労を知ることができるので、より多くの人が体験すれば、食べ物を大事にする人も増えていくのではないでしょうか。
他にも、礼儀作法について学ぶ機会もあります。
礼儀作法をちゃんと学ぶ機会はあまりなく、何となくしかわからないという人も多いので、貴重な体験ができる場だと思います。
念仏宗では、仏の教えを学ぶために、話を聞くだけでなく、様々な体験を通して、感謝の気持ちや思いやりの心を自然に芽生えさせるという活動を行っているようです。

念仏宗の寺を訪れるときの心構え

最近はパワースポットブームもあり、寺や神社などに訪れる人が増えていると思います。
しかし、訪れる際のマナーもあると思うので、最低限のことには気を付けた方が良いと思います。
例えば、念仏宗では参詣する際に、1週間前まで申し込みをしなければいけないようです。
また、訪れる際の心構えも大切です。
念仏宗の寺院には、たくさんの植物が植えられており、季節ごとに様々な風景を楽しむことができます。
しかし、決して観光目的ではなく、仏教について真剣に学ぼうとする気持ちを持って訪れた方が良いと思います。
あとは、あいさつやゴミの後始末はきちんとする、他の人に親切にするなど気を付けなければいけない点は様々あると思います。
パワースポットに行くとき、どんなご利益があるのかということが気になると思います。
念仏宗が考える未来とは
しかし、念仏宗に限らず、どんな寺社仏閣を訪れるときも、感謝の気持ちや思いやりの心、礼儀など、訪れる際のマナーは守った方が良いと思います。