高齢者でも安心な住まいを!ウィズワンの目指すバリアフリー住宅

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
8月 24, 2016 at 1:51 PM

高齢者でも安心な住まいを!ウィズワンの目指すバリアフリー住宅

高齢化が進む日本では、年齢を重ねても安心で快適に暮らせる住まいが強くもとめられています。
ウィズワンでも年々、高齢者の相談が増えているそうです。
若い頃は足腰も元気でとくに不自由はなかったけれど、高齢になってはじめて家の改築を考えはじめる、というのがよくあるケースのようです。
もちろん、リフォームでもかなりの不便は解消できますが、伝統的な日本家屋などは構造的にバリアフリーにしにくい面があるので、不都合な箇所はどうしても残ってしまいます。
これから家を買う場合にはやはり、一生を過ごすことを前提に考え、あらかじめバリアフリー対策をしておくのが重要です。
家のバリアフリー化というと段差の解消にばかり目がいきがちですが、廊下の広さや日あたりもまた重要な検討事項です。
車椅子のサイズは意外に横幅が大きいですから、いざ高齢になった時に車椅子で家に入れない、ということも充分起こり得ます。
お年寄りだけではありません。
若くして障害を負った人にとっても、家のバリアフリー化は死活問題です。
近年ではバリアフリー化をアドバイスする専門資格が制定され、障害者の一般住宅への入居も徐々に増えてきました。
ウィズワンでも住まいのバリアフリー化のノウハウを多数紹介しています。

ウィズワンに聞く!耐震と免震の違いとは

ウィズワンは住まいの総合アドバイザーとして、家の設計からオシャレな家具選びまで、住環境にかんする情報を多角的に提供しています。
震災の多い日本では、地震の揺れとどのように向き合うかが家づくりにおいて大きな課題となります。
地震の被害をおさえるアプローチには、耐震と免震があります。
耐震は従来から行われてきた地震対策で、建物の強度を高めることで地震の揺れをやりすごそうという発想です。
対する免震は比較的新しい考え方で、家をただ頑丈にするのではなく、物理法則を利用して地震の揺れを伝わりにくくする考え方です。
風になびく柳のように揺れを上手に受け流そう、という発想ですね。
免震の技術は実は日本に古くから伝わっていて、五重塔にも応用されています。
塔の中心部に一本の軸が通っていて、大地震の時にはそれが建物本体と逆の方向に動くことで揺れを軽減するのだそうです。
この免震技術は現在の建築工法にも活かされています。
安心して暮らせる住まいをさがしている人は一度、ウィズワンに足をお運びください。

ウィズワンも警告!注文住宅の落とし穴

注文住宅で自分の希望通りの住まいを手に入れるのは、誰もが一度は憧れる夢ですよね。
ウィズワンは住環境の総合アドバイザーとして、注文住宅にまつわる相談も常時受け付けています。
希望いっぱいのマイホームですが、注文住宅にはトラブルが多いのも事実です。
代表的なトラブルとしては、デザインの食い違いが挙げられます。
事前の図面と完成品のギャップがあまりにも大きすぎて、生活に支障が出てしまうのです。
購入者の意図が建築士にきちんと伝わっていなかったり、業者側が意図的にデザインを変更してしまったりと原因はいろいろ考えられますが、いずれにしてもショックは大きいですよね。
もっと悪質なのは、購入後にあきらかな欠陥が見つかるケースです。
手抜きによる欠陥だと認められれば賠償金が支払われる場合もありますが、それでも家そのものは永遠に残ります。
どんなに後悔しても返品は許されません。
だからこそ、欠陥住宅の罪は重いのです。
後悔のない家づくりを実現するためには、事前のシミュレーションが肝心です。
お店に相談に行く前から、理想の家の間取り図をきちんと頭にイメージしておくのです。
ウィズワンの注文住宅
そして、信頼できる工務店を選び、住まいの理想像を妥協せずに伝えることができれば、満足のいくマイホームに出会えるはずです。
ウィズワンなら、購入前の御相談から施工後のアフターケアまでを一貫してサポートします。