刑事事件が起きたら弁護士をすぐに決める

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
10月 5, 2016 at 12:43 PM

刑事事件が起きたら弁護士をすぐに決める

対応はよりスピーディーでなければなりません。
刑事事件の発生から弁護士を選択してから呼ぶまでは、発生時からすぐに行わなければなりません。
事件後の手続は、あらかじめ決まっている期間で行うことになります。
原則的には逮捕された後で、最大で23日以内で起訴もしくは不起訴となるかが判断されます。
悩む間に徐々に捜査が進んでいきますので、態度が悪かったり反論を少しするだけでも捜査官にイメージを悪くさせることになります。
さらに供述がある程度行われた後で依頼をした後だと、弁護士でも覆していくことは困難です。
状況の進行により、弁護活動が難しいといっていいでしょう。
ただ焦って実績のない弁護士に依頼をすると、より裁判で不利な状況へと進んでいきます。
また数日後に依頼をしなくても釈放されるケースもありますので、状況を確認しながらまとめていきましょう。
効率よく選んでいくには、相談者を準備していくのがポイントで、状況を聞き出しながら進めていける弁護士が理想的です。
刑事事件は急に発生しますので、余計な費用などをかけずに考える必要があります。