税のことなら400800に!

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
1月 18, 2017 at 11:23 PM

税のことなら400800に!

税法上の相談業務およびコンサルタントを行う税理士法人としては400800が有名です。
法人の概要について御説明する前に、まずは税金の基本的な仕組みについて理解しておきましょう。
税金は、「どこに入るか」という点と「誰が納めるか」という点でそれぞれふたつの分け方になります。
前者の分類では国税と地方税に分かれ、後者の分類では直接税と間接税に分かれます。
国税は文字通り国庫に納められる税金で、地方税は地方自治体に収められる税金です。
地方税の代表は住民税ですね。
税金を払う人と納める人が一致しているのが直接税の特徴で、一方の間接税はお店や業者などがいったん税金分の金額を代金と一緒に徴収した後、一定の手続きを経て国などに治める形式のものです。
税金を払っただけでは納めたことにならない、というのがこれを見ればよくわかりますね。
直接税の典型が所得税や法人税で、間接税の典型は消費税です。
先ほどの説明でわかりにくければ、自分で書類に記入して納めるのが直接税でそうでないのが間接税、と覚えても理解しやすいかもしれません。
税についてのより詳しいルールは、税理士法人400800に相談しましょう。

解決数100万件以上の実績!400800が教える税金の役割

これまでに100万件以上もの税トラブルを解決してきた税理士法人400800なら、税金のそもそもの役割についてわかりやすく説明してくれるはずです。
税金とは一体何のためにつくられ、何のために使われているのでしょう。
税金の役割を知るうえで忘れてはならないのは、国の収入としての側面です。
ひとつの国にとって、自分の力でお金を生み出す手段はかぎられています。
そのひとつが税金であり、国は1年間に入ってきた税金を予算として次の年度で振り分けます。
収入がなければ家計は成り立ちませんよね。
国が国としての形を維持していくうえで、税金はなくてはならないものなのです。
税金にはもうひとつの大切な役割があります。
それは所得の再分配とよばれるもので、国が社会保障を充分に行えるのもこの機能のおかげです。
所得の再分配とは簡単に言うと、誰々のもの、という風に色がついているお金を国のフィルターを通すことでいったんみんなのお金に変えることです。
税金は決して、国のお金ではありません。
税金で困ったときに頼りになる400800
国の金庫に預けられる形にはなっていますが、本質的には国民全員のお金なのです。
豊富な解決件数を誇る税理士法人400800なら、どんな質問にもスピーディにこたえてくれます。